【2021凱旋門賞】出走予定の日本馬2頭がフランスに到着

 10月3日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走を予定しているディープボンド(牡4・栗東・大久保龍志厩舎)およびフランスで出走を予定しているエントシャイデン(牡6・栗東・矢作芳人厩舎)は、フランス・シャンティイの清水裕夫厩舎に到着した。

●出発・到着時刻
・関西国際空港発
日本時間 8月19日(木曜)20時40分

韓国・インチョン国際空港着
現地時間 8月19日(木)22時28分(日本時間22時28分)

韓国・インチョン国際空港発
現地時間 8月20日(金)1時04分(日本時間1時04分)

ドイツ・フランクフルト国際空港着
現地時間 8月20日(金)5時38分(日本時間12時38分)

馬運車でシャンティイに向け出発
現地時間 8月20日(金)12時10分(日本時間19時10分)

シャンティイの清水裕夫厩舎着
現地時間 8月20日(金)21時00分(日本時間8月21日(土)4時00分)

●凱旋門賞(G1・芝2400m)
・ディープボンド(牡4・栗東・大久保龍志厩舎)
角居和仁調教助手(大久保龍志厩舎)のコメント
「初めての海外遠征で心配な面もありましたが、まずは無事に到着したので安心しています。牧場側と矢作厩舎の協力があって、帯同馬のエントシャイデンと一緒に来られたので、ディープボンドも落ち着いていました。環境の変化と輸送の疲れもあると思うので、馬の状態を見ながら調教を考えていきたいと思います」

●フォレ賞(G1・芝1400m)
●ダニエルウィルデンシュタイン賞(G2・芝1600m)
・エントシャイデン(牡6・栗東・矢作芳人厩舎)

※JRA発表による