レガシーワールドが死亡

 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル引退名馬繋養展示事業の助成対象馬レガシーワールドは、8月18日(水)に死亡した。 同馬は、北海道日高郡新ひだか町静内豊畑のへいはた牧場にて繋養され余生を送っていた。

ノーヴァレンダが競走馬登録抹消

●繋養先のへいはた牧場 幣旗芳典氏のコメント
「レガシーワールドは、日本調教のせん馬として初めてGⅠを勝利した馬で大変ファンも多く、32歳という高齢にも関わらず元気に過ごしておりましたがこの度天寿を全うして永眠しました。毎年必ず会いに来てくださるファンも多く本当に愛されていた馬だと思います。皆様の長年のご愛顧に感謝いたします」

●レガシーワールド
生年:1989年
毛色:鹿毛
成績:競走成績 32戦7勝

主な重賞勝鞍:
1992年 セントライト記念(GⅡ)
1993年 ジャパンカップ(GⅠ)

※JRA発表による