【プロキオンS】松山「馬の力を信じて乗りました」メイショウカズサが重賞初制覇

 11日、小倉競馬場で行われたG3・プロキオンステークスは、9番人気に支持されたメイショウカズサが重賞初制覇。レコードのおまけもついて強い競馬を見せた。

プロキオンステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 メイショウカズサ
松山弘平騎手
「ここ3走ほど中々力を発揮できていなかったので、ようやくこの馬らしさといいますか強い競馬を見せることが出来て良かったなと思います。こういった馬場は合うなと思っていたので、その辺に関しては良かったかなと思いますし、ちょっとスタートは速い馬もいたので行かして、2列目という形にはなりましたけども、そこでしっかり手応えも良く集中力切らさずに馬が頑張って走ってくれたので最後も良い脚でしたし、本当に今日は馬が強かったなと思います。気持ちが切れてしまうところがある馬なので、その辺を切らさないよう切らさないようにという風にそこを心掛けていました。あとは小倉の馬場も相性良いですし、馬の力を信じて乗りました。強い馬もいましたけれども、その中で強い競馬をしてくれてレコードですし、これから先も無事にいってくれて、楽しみですね。今日は雨の中ですがありがとうございました。また良いレース出来るように頑張りますので応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 11日、小倉競馬場で行われた11R・プロキオンステークス(G3・3歳上オープン・ダ1700m)で9番人気、松山弘平騎乗、メイショウカズサ(牡4・栗東・安達昭夫)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にトップウイナー(牡5・栗東・鈴木孝志)、3着にメイショウウズマサ(牡5・栗東・安田隆行)が入った。勝ちタイムは1:40.9のレコードタイム(重)。

 1番人気で幸英明騎乗、サンライズホープ(牡4・栗東・羽月友彦)は6着、2番人気で藤岡佑介騎乗、ウェスタールンド(せん9・栗東・佐々木晶三)は7着、3番人気で川田将雅騎乗、ダノンスプレンダー(牡5・栗東・安田隆行)は4着敗退。

【七夕賞】戸崎「祈りが叶うと良いな」トーラスジェミニが重賞初制覇

レコード勝ち

 9番人気の伏兵、松山弘平騎乗のメイショウカズサが嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは五分のスタートから先行5番手付近を追走。勝負どころでは行きっぷりも良く直線へ向くと、ラスト100mから一気に抜け出しての快勝だった。勝ちタイムは1分40.9のレコード。

メイショウカズサ 16戦5勝
(牡4・栗東・安達昭夫)
父:カジノドライヴ
母:プレシャスエルフ
母父:コロナドズクエスト
馬主:松本好雄
生産者:日西牧場

【全着順】
1着 メイショウカズサ
2着 トップウイナー
3着 メイショウウズマサ
4着 ダノンスプレンダー
5着 アヴァンティスト
6着 サンライズホープ
7着 ウェスタールンド
8着 ワイドファラオ
9着 スマートダンディー
10着 マリオマッハー
11着 ペプチドバンブー
12着 メイショウワザシ
13着 タイサイ
14着 ナムラカメタロー
15着 ブラックムーン
16着 タイガーインディ