【ラジオNIKKEI賞】丸山「手応えは楽」ヴァイスメテオールが重賞初V

(C)スポニチ

 4日、福島競馬場で行われたG3・ラジオNIKKEI賞は、4番人気のヴァイスメテオールが完勝。重巧者の能力を余すことなく発揮し、水を得た魚のように軽快に駆け抜けた。

ラジオNIKKEI賞、勝利ジョッキーコメント
1着 ヴァイスメテオール
丸山元気騎手
「イメージ通り乗れて良かったです。ここ2回がゲート出ていなかったのですが、ゲートだけ気をつけて、最初行きたがったんですけど良いポジションでしっかり我慢してくれました。スタートからリズム良く行けましたし、手応えは楽でした。新馬戦を勝たせてもらった時から能力のある馬だなと思っていました。大きな馬だったので、その特有の緩さはあったのですが、久しぶりに乗せてもらって馬はまた力を付けていましたし、良くなっていました。これからも一生懸命頑張っていきます」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 4日、福島競馬場で行われた11R・ラジオNIKKEI賞(G3・3歳オープン・ハンデ・芝1800m)で4番人気、丸山元気騎乗、ヴァイスメテオール(牡3・美浦・木村哲也)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にワールドリバイバル(牡3・栗東・牧田和弥)、3着にノースブリッジ(牡3・美浦・奥村武)が入った。勝ちタイムは1:48.0(良)。

 1番人気で武藤雅騎乗、ボーデン(牡3・美浦・木村哲也)は6着、2番人気で幸英明騎乗、リッケンバッカー(牡3・栗東・西村真幸)は9着、3番人気で吉田隼人騎乗、シュヴァリエローズ(牡3・栗東・清水久詞)は5着敗退。

【CBC賞】鮫島駿「早めに踏んで行った」ファストフォースが日本レコードV

生粋の重巧者

 4番人気に支持された丸山元気騎乗、ヴァイスメテオールが嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは中団の位置から。勝負どころでは密集した馬群を上手く捌いて抜け出しを図り、ライバルが伸びあぐねる中でも馬場を気にすることなく鋭く差し脚を伸ばした。同馬は稍重、不良で1勝づつあげており、このレースでも稍重の馬場を苦にすることなく走りきった。

ヴァイスメテオール 5戦3勝
(牡3・美浦・木村哲也)
父:キングカメハメハ
母:シャトーブランシュ
母父:キングヘイロー
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ヴァイスメテオール
2着 ワールドリバイバル
3着 ノースブリッジ
4着 タイソウ
5着 シュヴァリエローズ
6着 ボーデン
7着 プレイイットサム
8着 アイコンテーラー
9着 リッケンバッカー
10着 ヴェイルネビュラ
11着 ワザモノ
12着 アサマノイタズラ
13着 スペシャルドラマ
14着 グランオフィシエ
15着 デルマセイシ
16着 ロードトゥフェイム