田中哲司さん、大友花恋さんダブル主演の超大作!トゥインクルレース35周年記念Short Movie公開

(C)TCK特別区競馬組合

 東京シティ競馬(TCK)は、ナイター競馬「トゥインクルレース」35周年を記念し、俳優の田中哲司さんと女優の大友花恋さん出演のショートムービー「トゥインクルレースっていいなって思った。」を特設サイトで公開した。

 このムービーは、田中哲司さんが演じる「父」と、大友花恋さんが演じる「娘」が、トゥインクルレースをきっかけに親子の絆を深めていくストーリー。このために書き下ろしされたテーマソング「年をかさねて」とともに展開するムービーは、競馬ファンは勿論のこと、これまで競馬に関心を持っていなかった方にも「トゥインクルレースっていいな。」と感じてもらえる作品になっている。出演者には、TCKゆかりのあの人も!?

 特設サイトでは、ショートムービー(全編及びダイジェスト版)が公開されるほか、7月1日(木)午前9時よりトゥインクルレースにまつわるエピソードを募集するキャンペーン等を開始。またTCK公式Twitter(@tck_keiba)では、ショートムービーに関するクイズキャンペーンを展開するなど、関連イベントや各種キャンペーン情報が発表される。

<CMストーリー>
この春社会人になった娘(大友花恋さん)は初めて競馬を知り、幼いころに家族で行った競馬場と、競馬が好きだった父(田中哲司さん)のことを思いだします。久しぶりの帰省の際、父に競馬の話をしてみると、父は想い出を照れくさそうに話し始めます。
35年前に初めて行ったトゥインクルレース、競馬がきっかけとなった母との出会い、そして二人が結ばれた1997年の帝王賞。TCKの名場面と共に様々な想い出がよみがえり、嬉しそうにする父と、今まで見せなかった父の姿に思わず子供のような笑顔をみせる娘。二人が楽しそうに話す縁側から見上げた夜空には満天の星が輝き、ラストは「トゥインクルレースっていいなって思った。」の台詞で締めくくられます。

TCKイメージキャラクター志尊淳さん、帝王賞当日の競馬中継番組に出演

田中哲司さん、大友花恋さんの息のあった演技で魅せる!トゥインクルレースをきっかけに深まる親子の絆

田中哲司さん、大友花恋さんダブル主演の超大作!トゥインクルレース35周年記念Short Movie公開
(C)TCK特別区競馬組合

ショートムービーは田中哲司さん演じる父と、大友花恋さんが演じる、今は就職で離れて暮らす娘の親子の絆を描いています。大人になり、今はすっかり会話も少なくなってしまった父と娘の微妙な距離感が、トゥインクルレースの想い出や、一緒にスマホでレースの映像を見て盛り上がるうちにどんどん縮まっていく様子を、お二人の息のあった演技で見事に表現されています。帰省もままならないこんな時期だからこそ、改めて親子、そして家族の大切さを感じることができる、心温まるムービーです。お二人の演技や懐かしい映像の数々に、6分近いムービーながらも時間を感じさせない仕上がりになっております。

人気沸騰中のボーカルデュオ “all at once”が心温まるテーマソングを歌い上げる

田中哲司さん、大友花恋さんダブル主演の超大作!トゥインクルレース35周年記念Short Movie公開
(C)TCK特別区競馬組合

令和期待のボーカルデュオ“all at once”が歌うテーマソング「年をかさねて」は、数々の名曲を世に生み出したHYの仲宗根泉さんが作詞作曲、多くのヒット作を手がけてきた亀田誠治さんが編曲を担当。歌に込められた大切な人への想いを、ITSUKIとNARITOの二人が珠玉の1曲として歌い上げています。この記念ムービーのために紡ぎ上げられた1曲に、ぜひ耳を傾けてみてください。