【天保山S】ピンシャンが逃げ切りで人気に応える

 26日、阪神競馬場で行われた11R・天保山ステークス(3歳上オープン・ダ1400m)で1番人気、川田将雅騎乗、ピンシャン(牡4・栗東・森秀行)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にバティスティーニ(牡8・栗東・池添学)、3着にサヴィ(牡7・栗東・中内田充正)が入った。勝ちタイムは1:23.1(良)。

 2番人気で松山弘平騎乗、ドウドウキリシマ(牡5・栗東・村山明)は、10着敗退。

【新馬/阪神5R】エピファネイア産駒 タガノフィナーレがデビューV

オープンクラス初勝利

 1番人気に支持された川田将雅騎乗、ピンシャンがオープンクラス初勝利を飾った。大外枠からスピードに乗ってじわっと先行し、スピードの違いで行き切る形に。抜群の手応えで直線に向くと、後続との差は詰まることなく軽快な逃げ脚で最後まで粘り、危なげなく押し切った。

ピンシャン 14戦5勝
(牡4・栗東・森秀行)
父:Speightstown
母:Beauty and Light
母父:Unbridled’s Song
馬主:冨士井直哉
生産者:Dream With Me Stables Inc.