【武豊日記】大舞台での一発を当然狙います

(C)Yushi Machida

 先週は期待していたウェルドーンが関東オークスを快勝。気性的に難しいところがある馬ですが、手の内に入れられた実感とともに、非常に価値ある交流重賞勝ちでした。

【関東オークス】武豊「三冠阻止してしまって…」ウェルドーンが交流重賞初制覇

 札幌の新馬戦では、グランアプロウソが強い勝ち方でした。こちらは2歳馬にしてはおっとりした気性だったので、いきなりはどうかなという感触でしたが、元々の能力が違いました。父は世界最高賞金のペガサスワールドカップや、ブリーダーズカップ・クラシックなどを勝った名馬ガンランナー。お母さんはビリーブの子という良血馬ですから、この先も大いに期待できそうです。松永幹夫調教師の400勝の区切りというのも、実にめでたいことでした。

 今週は札幌に滞在しての調教。過ごしやすい気候で心身ともにリフレッシュできています。日曜日は阪神に戻って宝塚記念。アリストテレスには2週続けて乗って好感触をつかんでいますから、大舞台での一発を当然狙います。ご期待ください。

(C)武豊オフィシャルサイト