【函館スプリントS】藤岡佑「理想的な逃げ」ビアンフェが逃げ切りV

 13日、札幌競馬場で行われたG3・函館スプリントステークスは、5番人気のビアンフェが逃げ切り。軽快なスピードで後続を完封した。

函館スプリントS、勝利ジョッキーコメント
1着 ビアンフェ
藤岡佑介騎手
「今までで一番と言って良いほど落ち着いてゲートに入れたので、かなり良い雰囲気だなと感じていました。2歳の時から素晴らしいスピードを見せてくれていたんですけど、なかなか上手く気持ちと身体が噛み合わないところがあったんですけど、牧場の方と厩舎のスタッフの方が一生懸命やってくれて、やっと良い形になったと思います。一歩目がそこまで速い馬ではないので、じわっとスピードに乗せるという意味では外枠がほしいなと思っていましたし、理想的な逃げが出来たんじゃないかなと思います。速いペースで行って最後全馬苦しくなるところで粘りが効くのがこの馬の良さなので、迫られるところまでは何とか粘って欲しいなという気持ちで乗っていました。今日すごく良い形で良いレースが出来たので、今後更に大きな舞台目指してまた頑張っていってくれると思うので、応援してください」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 13日、札幌競馬場で行われた11R・函館スプリントステークス(G3・3歳上オープン・芝1200m)で5番人気、藤岡佑介騎乗、ビアンフェ(せん4・栗東・中竹和也)が勝利した。クビ差の2着に1番人気のカレンモエ(牝5・栗東・安田隆行)、3着にミッキーブリランテ(牡5・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは1:07.6(良)。

 2番人気で泉谷楓真騎乗、シゲルピンクルビー(牝3・栗東・渡辺薫彦)は9着、3番人気で吉田隼人騎乗、ケープコッド(牝4・美浦・高柳瑞樹)は6着敗退。

【エプソムC】石橋脩「馬場のいいところに」ザダルが重賞初制覇

キズナ産駒

 5番人気に支持された藤岡佑介騎乗、ビアンフェが重賞3勝目のゴールを決めた。好スタートを決めたカレンモエをかわして、スタートから迷わず押して行きハナを主張。軽快に飛ばして行き直線を迎えると、最後まで脚色衰えずに大接戦のゴール前をクビ差凌いで逃げ切りを決めた。1番人気のカレンモエは追い上げ届かずの2着まで。

ビアンフェ 11戦4勝
(せん4・栗東・中竹和也)
父:キズナ
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
馬主:前田幸貴
生産者:ノースヒルズ

【全着順】
1着 ビアンフェ
2着 カレンモエ
3着 ミッキーブリランテ
4着 ジョーアラビカ
5着 カツジ
6着 ケープコッド
7着 マイネルアルケミー
8着 コントラチェック
9着 シゲルピンクルビー
10着 ロードアクア
11着 アスタールビー
12着 タイセイアベニール
13着 リンゴアメ
14着 センショウユウト
15着 アルピニズム
16着 ジャスティン