【鳴尾記念】坂井「状態凄く良かった」ユニコーンライオンが逃げ切り!

(C)Yushi Machida

 5日、中京競馬場で行われたG3・鳴尾記念は、矢作芳人厩舎のユニコーンライオンが激走。序盤から主導権を握って後続を完封し、悠々の逃げ切りを決めた。矢作芳人厩舎はこの勝利で重賞50勝目の節目。

鳴尾記念、勝利ジョッキーコメント
1着 ユニコーンライオン
坂井瑠星騎手
「まず状態がすごく良かったので、この状態でどれだけやれるかを楽しみにしていたので結果を出すことが出来て嬉しいです。なんか行くようだったら行ってもらって、その後ろでもいいかと思ったんですけど、ゲートも速かったですし、特に主張してくる馬もいなかったのでハナという形を選びました。瞬発力勝負だと少し分が悪いので、3・4コーナー早めから動かして、直線もしっかり反応してくれていたので、あとは誰も来ないでくれと思いながら追っていました。所属である矢作先生の馬で重賞50勝ということで勝ててすごく嬉しいですし、あとはオーナーのライオンレースホースさんにはデビューした当時からすごくお世話になっていたので、少しは恩返し出来たかなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 5日、中京競馬場で行われた11R・鳴尾記念(G3・3歳上オープン・芝2000m)で8番人気、坂井瑠星騎乗、ユニコーンライオン(牡5・栗東・矢作芳人)が快勝した。3.1/2馬身差の2着にショウナンバルディ(牡5・栗東・松下武士)、3着にブラストワンピース(牡6・美浦・大竹正博)が入った。勝ちタイムは2:00.7(良)。

 1番人気で鮫島克駿騎乗、サンレイポケット(牡6・栗東・高橋義忠)は6着、2番人気で福永祐一騎乗、ヒンドゥタイムズ(牡5・栗東・斉藤崇史)は11着、3番人気で川田将雅騎乗、サトノソルタス(牡6・美浦・堀宣行)は7着敗退。

【アハルテケS】横山和騎乗 オメガレインボーが差し切り!

8番人気で激走

 8番人気に支持された坂井瑠星騎乗、ユニコーンライオンが嬉しい重賞初制覇を飾った。前半を62秒台後半と溜めの効いた逃げ脚で主導権を握り手応え良く直線へ向くと、後続の脚音は全く聞こえてこず、グングンと突き放して3.1/2馬身差の完勝だった。

ユニコーンライオン 18戦5勝
(牡5・栗東・矢作芳人)
父:No Nay Never
母:Muravka
母父:High Chaparral
馬主:ライオンレースホース
生産者:Desert Star Phoenix Jvc

【全着順】
1着 ユニコーンライオン
2着 ショウナンバルディ
3着 ブラストワンピース
4着 ペルシアンナイト
5着 ワイプティアーズ
6着 サンレイポケット
7着 サトノソルタス
8着 クラージュゲリエ
9着 ブラヴァス
10着 アフリカンゴールド
11着 ヒンドゥタイムズ
12着 ペプチドオーキッド
13着 アメリカズカップ