【新馬/中京5R】2歳一番星はクラウンドマジック

(C)スポニチ

 5日、中京競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1600m)で7番人気、岩田康誠騎乗、クラウンドマジック(牡2・栗東・加用正)が勝利した。クビ差の2着に1番人気のラクスバラディー(牝2・栗東・清水久詞)、3着にスズカワールド(牡2・栗東・大橋勇樹)が入った。勝ちタイムは1:36.0(良)。

 2番人気で吉田隼人騎乗、セリノーフォス(牝2・栗東・本田優)は、11着敗退。

【鳴尾記念】ユニコーンライオンが悠々逃げ切り!重賞初制覇

エピファネイア産駒

 今年の2歳新馬一番星は、7番人気のクラウンドマジックだった。父のエピファネイアはデアリングタクト、エフフォーリアなど早々とクラシックホースを輩出した旬の種牡馬。直線では届かないかと思われたところから、大外を豪快な末脚で差し切り。同産駒3世代目となるが、いきなりの勝ち星で好発を決めた。

クラウンドマジック 1戦1勝
(牡2・栗東・加用正)
父:エピファネイア
母:クラウンドジャック
母父:ヴィクトワールピサ
馬主:協栄
生産者:タバタファーム