【さきたま杯】田辺「馬に助けられた」アルクトスがV

(C)埼玉県浦和競馬組合

 3日、浦和競馬場で行われた交流G2・さきたま杯は、1番人気のアルクトスが人気に応えて重賞3勝目をマークした。

宝塚記念ファン投票 第2回中間発表!

田辺「馬に助けられた」

さきたま杯、勝利ジョッキーコメント
1着 アルクトス
田辺裕信騎手
「ちゃんと勝つことが出来てホッとしています。距離は何回も経験しているので心配はしていないんですけど、小回りというところと大きい馬なのでその辺上手く対応出来るかなという不安はもちろんありました。馬に助けられた部分もあって最後はまだ余力がある状態で直線もむかえたのは調子も良かったからかなと思います。この馬自身、スタートは上手なんですけど、流石に浦和の1400ということでスプリント戦みたいな、スタートセンスが問われるので、内枠が当たったというのはあまり嬉しくなかったんですけれども、上手くカバー出来て、脚使えるポジションまで上がれたので良かったです。僕が予想したよりも流れが速いまま1コーナーに入っていったので、内に行く選択肢もありましたし、外も狙えていたので、あとエアスピネルの方が手応え良さそうに見えたので、あれの後ろをついて4コーナー回るようじゃちょっとゴールまで間に合わないなと思い、少し馬の力を信じて外を回しました。もちろん向こう(エアスピネル)も脚は溜まっていると思っていて、直線向いた時に進路が出来てどのくらい踏ん張れるかなと思ったんですけど、よく辛抱してくれました。せっかく勝つところをお客さんの前で見てもらいたかったんですけども、画面越しに沢山見てくれているファンの人もいると思うし、今日は何より久しぶりにオーナーと一緒に写真を撮れたのでとても良かったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、浦和競馬場で行われた11R・さきたま杯(Jpn2・4歳上オープン・ダ1400m)で1番人気、田辺裕信騎乗、アルクトス(牡6・美浦・栗田徹)が勝利した。1/2馬身差の2着に2番人気のエアスピネル(牡8・栗東・笹田和秀)、3着に3番人気のワイドファラオ(牡5・栗東・辻野泰之)が入った。勝ちタイムは1:24.9(良)。

アルクトス 21戦9勝
(牡6・美浦・栗田徹)
父:アドマイヤオーラ
母:ホシニイノリヲ
母父:シンボリクリスエス
馬主:山口功一郎
生産者:須崎牧場

【全着順】
1着 アルクトス
2着 エアスピネル
3着 ワイドファラオ
4着 ベストマッチョ
5着 ハイランドピーク
6着 トロヴァオ
7着 ザイディックメア
8着 ブレスジャーニー
9着 ノボバカラ
10着 プレシャスエース
11着 ナリタスターワン
12着 メイショウオオゼキ