【東京7R】内田博「実になってきた」グレアリングアイが2勝目

(C)(株)山口シネマ

 29日、東京競馬場で行われた第7レース・3歳1勝クラスは、1番人気に支持されたグレアリングアイが快勝。前走の青葉賞では7着だったが、同距離、自己条件に戻ってきっちり力を示した。

1着 グレアリングアイ
内田博幸騎手
「少しずつ実になってきました。緩さを残し、粗削りではありますが、能力の高い馬です。もっと良くなると思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、東京競馬場で行われた7R・3歳1勝クラス(芝2400m)で1番人気、内田博幸騎乗、グレアリングアイ(牡3・美浦・古賀慎明)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にヒシシュシュ(牝3・美浦・中舘英二)、3着にグローリアスサルム(牝3・美浦・小島茂之)が入った。勝ちタイムは2:23.8(良)。

 2番人気でM.デムーロ騎乗、トゥーフェイス(牡3・美浦・新開幸一)は、4着敗退。

【日本ダービー】エフフォーリアは1枠1番

ハーツクライ産駒

 1番人気に支持された内田博幸騎乗、グレアリングアイが嬉しい2勝目をマークした。レースでは中団外めのポジションから前を伺う形に。終始外目を回りながらも直線ではしぶとい伸び脚を発揮して抜け出し、後続に1馬身半差をつけての完勝だった。

グレアリングアイ 6戦2勝
(牡3・美浦・古賀慎明)
父:ハーツクライ
母:ストライキングアイ
母父:Smart Strike
馬主:G1レーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム