【北海道スプリントC】北村宏「グッと差し返すような形」ヒロシゲゴールドが交流重賞初V

(C)ホッカイドウ競馬

 27日、門別競馬場で行われた交流G3・北海道スプリントカップは、3番人気のヒロシゲゴールドが勝利。断然人気のリュウノユキナはまさかの2着に敗れた。

北海道スプリントカップ、勝利ジョッキーコメント
1着 ヒロシゲゴールド
北村宏司騎手
「続けてコンビを組まさせていただいたので、本当に嬉しかったです。前回の大井の時も頑張ってくれたんですけど、その後少し疲労もあったみたいで上手くケアしてもってきてもらったようで、返し馬の感触は良かったです。最後入れでしたけども、抜群のスタートでした。内の馬を見ながら道中は馬のリズムで運びました。やはり来たか、という感じで直線を迎えたんですけど、結構簡単に並ばれちゃったので、ちょっと脚色的には苦しかったんですけれども、顔を並べて競り合っているうちにまた歯を食いしばってくれて、最後グッと差し返すような形で伸びてくれました。競馬の幅も出てきましたし、自分の走りのリズムでスムーズに運べたら中々しぶといところも見せてくれますし持っていると思いますので、今後も元気よく競馬にむかえられたなと思います。久しぶりの門別競馬だったんですけれども、いつ来ても乗りやすいですし、コンディションも良くて良い競馬場だなと改めて感じました。今回もマスク越しになってしまいますけど、早くこれを外して皆さんの前で笑顔を見せれるような競馬が迎えられることを僕らも祈っていますし、お客さんもそれを楽しみにまた応援を続けていただけたらなと思います。ありがとうございます」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 27日、門別競馬場で行われた11R・北海道スプリントカップ(Jpn3・3歳上オープン・ダ1200m)で3番人気、北村宏司騎乗、ヒロシゲゴールド(牡6・栗東・北出成人)が勝利した。1/2馬身差の2着に1番人気のリュウノユキナ(牡6・美浦・小野次郎)、3着に2番人気のスマートアルタイル(牡6・栗東・小崎憲)が入った。勝ちタイムは1:12.3(良)。

リュウノユキナは2着

 3番人気に支持された北村宏司騎乗、ヒロシゲゴールドが交流重賞初制覇を飾った。レースでは好スタート好ダッシュを決めて、先行2番手の位置へ。それを見るようにリュウノユキナが3番手でマークする形となり直線へ。直線入り口から2頭並んだ追い比べを展開し、ゴール前でリュウノユキナを力強く突き放して嬉しい勝利を飾った。

ヒロシゲゴールド 29戦7勝
(牡6・栗東・北出成人)
父:サウスヴィグラス
母:エフテーストライク
母父:ブラックタキシード
馬主:ウエストヒルズ
生産者:斉藤正男

【全着順】
1着 ヒロシゲゴールド
2着 リュウノユキナ
3着 スマートアルタイル
4着 ニットウスバル
5着 スマートアヴァロン
6着 ジャスパーシャイン
7着 アザワク
8着 サンライズカラマ
9着 メイショウアイアン
10着 ソイカウボーイ
11着 イダペガサス
12着 ダノンチャンス
13着 ヘブンリーデイズ
14着 サンロアノーク