【オークス】吉田隼「展開も厳しかった」白毛馬のヒロイン・ソダシは完敗

(C)Yushi Machida

 無敗の2冠がかかった白毛馬のヒロイン、ソダシがまさかの8着に敗れた。前半はやや行きたがるような形となり、周囲のマークも厳しく馬群の中で我慢を強いられる展開に。直線入り口から上手く前は開いたが、伸び脚もひと息。厳しい展開の中でも地力で上位に来るかと思われたが、結果的に距離の壁があったような印象の走りだった。

8着 ソダシ
吉田隼人騎手
「距離なのかなと思います。逃げ馬がいない中で展開も厳しかったです。白毛馬ということで期待に応えられずに残念ですが、これからも応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 5月23日、東京11Rで行われた第82回オークス(3歳オープン・G1・牝馬・芝2400m・1着賞金=1億1000万円)は、M.デムーロ騎乗の3番人気、ユーバーレーベン(牝3・美浦・手塚貴久)が勝利、G1初制覇を飾った。白毛馬のヒロイン、ソダシは初黒星を喫した。勝ちタイムは2分24秒5(良)。

 2着に2番人気のアカイトリノムスメ(牝3・美浦・国枝栄)、3着に16番人気のハギノピリナ(牝3・栗東・高野友和)が入った。

【オークス】吉田隼「展開も厳しかった」白毛馬のヒロイン・ソダシは完敗
【オークス】吉田隼「展開も厳しかった」白毛馬のヒロイン・ソダシは完敗

ユーバーレーベンがG1初勝利

【オークス】吉田隼「展開も厳しかった」白毛馬のヒロイン・ソダシは完敗
(C)Yushi Machida

 3番人気に支持されたデムーロ騎乗のユーバーレーベンが見事にG1初制覇を飾った。直線では馬群の真ん中で伸びあぐねソダシを尻目に大外から強襲。豪快に突き抜けた。断然の1番人気に支持された白毛馬のソダシは伸びきれずに8着に敗退。

 オークスを勝ったユーバーレーベンは、父ゴールドシップ、母マイネテレジア、母の父ロージズインメイという血統。北海道新冠町・ビッグレッドファームの生産馬で、馬主は(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン。通算成績は7戦2勝。重賞は初勝利。鞍上のM.デムーロ騎手はオークス2勝目、管理する手塚貴久調教師は初勝利。

【全着順】
1着 ユーバーレーベン M.デムーロ
2着 アカイトリノムスメ C.ルメール
3着 ハギノピリナ 藤懸貴志
4着 タガノパッション 岩田康誠
5着 アールドヴィーヴル 松山弘平
6着 ミヤビハイディ 吉田豊
7着 ククナ 横山武史
8着 ソダシ 吉田隼人
9着 スルーセブンシーズ 戸崎圭太
10着 パープルレディー 田辺裕信
11着 ファインルージュ 福永祐一
12着 スライリー 石川裕紀人
13着 ステラリア 川田将雅
14着 クールキャット 武豊
15着 ウインアグライア 和田竜二
16着 ニーナドレス 藤岡康太
17着 ストライプ 柴田善臣
18着 エンスージアズム 岩田望来