【平安S】福永「イメージ通り」オーヴェルニュが重賞2勝目

(C)Yushi Machida

 22日、中京競馬場で行われたG3・平安ステークスは、2番人気に支持されたオーヴェルニュがV。レコードを更新、6馬身突き放す圧巻の走りで、得意のコースで躍動感ある走りを見せた。

平安ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 オーヴェルニュ
福永祐一騎手
「1週前追い切りに乗せてもらった時に非常に良い動きをしていましたので、前回大幅に体重を減らしてしまったようなんですけれども、そこはしっかりと回復した状態で出走してきたので、非常に良い状態の時に乗せてもらったと思います。(ポジショニングは)イメージ通りです。事前に調教師とも打ち合わせしていたんですけれども、ああいう形で競馬をしようと思うという話は伝えていましたし、考えていた以上にペース自体は速いものになりましたけども、オーヴェルニュ自身は非常に良いリズムで走れていました。逃げている馬がとても力のある馬ですから、追走するにあたって安心感は非常にありました。既に重賞を勝っている馬ではありましたけども、今後より強い馬たちを相手にしていく上で、今日のようなレースをして勝てたというのは非常に大きいんじゃないかなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 22日、中京競馬場で行われた11R・平安ステークス(G3・4歳上オープン・ダ1900m)で2番人気、福永祐一騎乗、オーヴェルニュ(牡5・栗東・西村真幸)が快勝した。6馬身差の2着に1番人気のアメリカンシード(牡4・栗東・藤岡健一)、3着に3番人気のマルシュロレーヌ(牝5・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは1:54.7のレコード(重)。

【オークス】ソダシは6枠11番

2着はアメリカンシード

 2番人気に支持された福永祐一騎乗、オーヴェルニュが圧巻の走りで重賞2勝目を飾った。アメリカンシードが飛ばして逃げていく中、オーヴェルニュは最内4番手の位置をロスなくキープ。直線入り口で早くも逃げ馬を射程圏に捉えると、楽々かわして行きワンサイドな走りを見せて、終わってみれば6馬身差の完勝。レコードのおまけ付きで力の違いを示した。

オーヴェルニュ 21戦8勝
(牡5・栗東・西村真幸)
父:スマートファルコン
母:ギュイエンヌ
母父:タニノギムレット
馬主:杉山忠国
生産者:明治牧場

【全着順】
1着 オーヴェルニュ
2着 アメリカンシード
3着 マルシュロレーヌ
4着 アルドーレ
5着 スワーヴアラミス
6着 ミヤジコクオウ
7着 サトノギャロス
8着 サクラアリュール
9着 マリオマッハー
10着 デルマルーヴル
11着 マスターフェンサー
12着 ヴェルテックス
13着 ロードブレス
14着 ドスハーツ
15着 ケンシンコウ
16着 ペオース