【緑風S】アイアンバローズがゴール前の大接戦を制する

 15日、東京競馬場で行われた10R・緑風ステークス(4歳上3勝クラス・芝2400m)で1番人気、横山武史騎乗、アイアンバローズ(牡4・栗東・上村洋行)が勝利した。ハナ差の2着にカントル(牡5・栗東・藤原英昭)、3着にシルヴァーソニック(牡5・栗東・池江泰寿)が入った。勝ちタイムは2:24.2(良)。

 2番人気でC.ルメール騎乗、サトノラディウス(牡5・美浦・国枝栄)は、4着敗退。

【東京7R】良血エクランドールがデビュー2連勝

ハナ差で勝利

 1番人気に支持された横山武史騎乗、アイアンバローズがオープンクラス入りを果たした。ゴール前では3頭横並びの大接戦となるも、真ん中から力強く抜け出して、僅かハナ差差し切った。

アイアンバローズ 14戦4勝
(牡4・栗東・上村洋行)
父:オルフェーヴル
母:パレスルーマー
母父:Royal Anthem
馬主:猪熊広次
生産者:ノーザンファーム