【東京7R】良血エクランドールがデビュー2連勝

 15日、東京競馬場で行われた7R・3歳1勝クラス(芝2000m)で1番人気、C.ルメール騎乗、エクランドール(牝3・美浦・手塚貴久)が勝利した。3/4馬身差の2着に2番人気のテンカハル(牡3・栗東・矢作芳人)、3着にフォルテデイマルミ(牡3・栗東・須貝尚介)が入った。勝ちタイムは2:00.4(良)。

【東京6R】コモレビキラリが逃げ切って2勝目

全兄はフィエールマン

 断然の1番人気に支持されたルメール騎乗、エクランドールがデビュー2連勝を飾った。スタートこそやや後手を踏む格好も、早々にポジションを上げていき2番手の位置へ。勝負どころでも手応えに余裕はあり直線を迎えると、楽に抜け出してゴール。後続にも迫られたが、まだまだ余裕のある走りで着差以上の完勝だった。

エクランドール 2戦2勝
(牝3・美浦・手塚貴久)
父:ディープインパクト
母:リュヌドール
母父:Green Tune
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム