【鞍馬S】クリノガウディがデビュー戦以来の勝利

 9日、中京競馬場で行われた11R・鞍馬ステークス(4歳上オープン・芝1200m)で2番人気、岩田康誠騎乗、クリノガウディー(牡5・栗東・藤沢則雄)が勝利した。3/4馬身差の2着に1番人気のナランフレグ(牡5・美浦・宗像義忠)、3着にタイセイアベニール(牡6・栗東・西村真幸)が入った。勝ちタイムは1:07.1(良)。

【橘S】7番人気ダディーズビビットがオープン初勝利

昨年の高松宮記念では1着入線も降着

 2番人気に支持された岩田康誠騎乗、クリノガウディーが2018年10月のデビュー戦以来の2勝目を飾った。昨年の高松宮記念では1着入線も4着へ降着と悔しい思いもしたが、長いトンネルを抜けて久々の勝利を飾った。

クリノガウディー 22戦2勝
(牡5・栗東・藤沢則雄)
父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母父:ディアブロ
馬主:栗本博晴
生産者:三輪牧場