【プリンシパルS】バジオウがダービーへの切符を掴む

 8日、東京競馬場で行われた11R・プリンシパルステークス(L・3歳オープン・芝2000m)で2番人気、戸崎圭太騎乗、バジオウ(牡3・美浦・田中博康)が快勝した。1.1/2馬身差の2着に3番人気のディオスバリエンテ(牡3・美浦・堀宣行)、3着にタイソウ(牡3・栗東・西園正都)が入った。勝ちタイムは1:59.3(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、ヴァイスメテオール(牡3・美浦・木村哲也)は、4着敗退。なお、9番アナレンマは競走中止となっている。

【メトロポリタンS】ゴールドギアが直線一気の差し切り

ルーラーシップ産駒

 2番人気に支持された戸崎圭太騎乗、バジオウがダービーへの切符を掴んだ。レースでは2番の位置からセンス良く先行して、直線でもあっさりと抜け出す完勝だった。このレースの1着馬には日本ダービー(5月30日・東京・芝2400m)への優先出走権が与えられる。

バジオウ 6戦2勝
(牡3・美浦・田中博康)
父:ルーラーシップ
母:フローレスダンサー
母父:ハービンジャー
馬主:鈴木剛史
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 バジオウ
2着 ディオスバリエンテ
3着 タイソウ
4着 ヴァイスメテオール
5着 ジャックドール
6着 スペシャルドラマ
7着 セルジュ
8着 ダノンジェネラル
9着 レンツシュピッツェ
10着 ヴィゴーレ
11着 タイフォン
12着 インペリアルツアー
13着 ロードシュトローム
(競走中止)アナレンマ