ディープボンドが凱旋門賞挑戦

(C)スポニチ

 6日、フランスギャロは、2日の天皇賞・春で2着に入ったディープボンド(牡4・栗東・大久保龍志)が、秋にフランス遠征するとホームページで発表。フォワ賞(9月12日、パリロンシャン・芝2400m)をステップに、今年で第100回目を迎える凱旋門賞(10月3日・パリロンシャン・芝2400m)に参戦する。

【NHKマイルカップ】出走馬の調教後の馬体重

秋のフランスに相応しい馬

 同サイトでノースヒルズ・前田幸治代表は、「ディープボンドは、非常に速い時計でしたが、天皇賞でも頑張ってくれました。2013年に4着になったキズナ産駒で、ディープボンドはキズナより柔らかい馬場にも対応が出来ます。秋のフランスにふさわしい馬だと思います」とコメントした。