【天皇賞・春】ワールドプレミアがG1・2勝目

 5月2日、阪神11Rで行われた第163回天皇賞・春(4歳上オープン・G1・芝3200m・17頭立て・1着賞金=1億5000万円)は、福永祐一騎乗の3番人気、ワールドプレミア(牡5・栗東・友道康夫)が勝利。G1・2勝目を飾った。勝ちタイムは3分14秒7のレコード(良)。

 2着に1番人気のディープボンド(牡4・栗東・大久保龍志)、3着に4番人気のカレンブーケドール(牝5・美浦・国枝栄)が入った。

【青葉賞】和田竜「挑戦状叩きつけたい」ワンダフルタウンが重賞2勝目

福永祐一騎手との新コンビでV

 3番人気に支持された福永祐一騎乗、菊花賞馬のワールドプレミアが2つ目のG1制覇を飾った。道中は人気のディープボンド、アリストテレスを見るように中団の位置から。勝負どころの手応えは良く外目から徐々進出すると、直線では2着に入った1番人気のディープボンドを力でねじ伏せるように退けて、栄光のゴールへ飛び込んだ。

 天皇賞・春を勝ったワールドプレミアは、父ディープインパクト、母マンデラ、母の父Acatenangoという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は大塚亮一氏。通算成績は11戦4勝。重賞勝ちは19年菊花賞(G1)に次いで2勝目。鞍上の福永祐一騎手は天皇賞・春は初勝利、管理する友道康夫調教師は同レース2勝目。

【全着順】
1着 ワールドプレミア 福永祐一
2着 ディープボンド 和田竜二
3着 カレンブーケドール 戸崎圭太
4着 アリストテレス C.ルメール
5着 ウインマリリン 横山武史
6着 ディアスティマ 坂井瑠星
7着 ユーキャンスマイル 藤岡佑介
8着 マカヒキ 藤岡康太
9着 ナムラドノヴァン 内田博幸
10着 オーソリティ 川田将雅
11着 メロディーレーン 池添謙一
12着 ゴースト 鮫島克駿
13着 オセアグレイト 横山典弘
14着 メイショウテンゲン 酒井学
15着 ディバインフォース 武豊
16着 シロニイ 松若風馬
17着 ジャコマル 横山和生