【クイーンエリザベスⅡ世カップ】ラブズオンリーユーが久々のビッグタイトル!海外G1V

 25日、シャティン競馬場で行われた8R・クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1・3歳上・芝2000m)で3番人気、C.ホー騎乗、ラヴズオンリーユー(牝5・栗東・矢作芳人)が快勝した。3/4馬身差の2着に2番人気のグローリーヴェイズ(牡6・美浦・尾関知人)、3着に1番人気のデアリングタクト(牝4・栗東・杉山晴紀)が入った。勝ちタイムは2:01.22(良)。

 日本馬のキセキ(牡7・栗東・辻野泰之)は、4着敗退となった。

【チェアマンズスプリントプライズ】香港のウェリントンがV!ダノンスマッシュは6着敗退

日本馬が上位独占

 3番人気に支持されたC.ホー騎乗、ラブズオンリーユーが香港の地でG1勝利を飾った。直線では内から抜け出しを図った三冠牝馬のデアリングタクトの外から鋭い末脚を発揮。ゴールまで真っ直ぐ伸びて、2019年オークス以来のビッグタイトルを手にした。2着にはグローリーヴェイズ、3着にデアリングタクト、4着にキセキが入り、上位を日本馬が独占した。

ラヴズオンリーユー 13戦6勝
(牝5・栗東・矢作芳人)
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
馬主:DMMドリームクラブ
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ラヴズオンリーユー
2着 グローリーヴェイズ
3着 デアリングタクト
4着 キセキ
5着 エグザルタント
6着 グロリアスドラゴン
7着 タイムワープ