【福島牝馬S】団野「リラックスして走れた」ディアンドルが重賞2勝目

(C)スポニチ

 24日、新潟競馬場で行われたG3・福島牝馬ステークスは、7番人気のディアンドルが逃げ切りV。重賞2勝目をマークした。

福島牝馬ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 ディアンドル
団野大成騎手
「ゴール前は本当に勝てそうだなとは思っていたんですけど、最後に1頭すごい脚で来ていたので、入線してからも本当に勝ったか分からない状況だったので、今やっと勝ったんだなという実感が少しずつ湧いてきているところです。前走の小倉大賞典から乗せていただいていて、すごい良い時に乗せていただけたなと思いますし、道中も馬はすごいリラックスして走れるようになっていて、以前だったらちょっとあそこからガーと引っかかるようなところもあったと思うんですけど、今日はすごくリラックスして終始走れていたので、この手応えならと思いながら道中乗っていました。今回、前走から乗せていただけて、勝たせていただくこと出来ましたし、僕自身、日経新春杯をショウリュウイクゾで勝たせていただけてそこからの2勝目となってとても嬉しいですし、今回勝利出来ましたけど、これからも今まで以上に精進して頑張っていきたいと思います。今回、逃げという形を選んだんですけど、その競馬でも最後までしっかり走り切ってくれて結果を残してくれたので、ヴィクトリアマイルに向かうことになると思いますけど、そこでも良い結果が出せるように人馬共に頑張りたいと思います。今回ディアンドルで福島牝馬ステークスを勝たせていただくことが出来ました。沢山の人や今まで乗せてくれた馬に感謝して、これからも頑張っていきたいと思いますので、応援のほうよろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 24日、新潟競馬場で行われた11R・福島牝馬ステークス(G3・4歳上オープン・牝・芝1800m)で7番人気、団野大成騎乗、ディアンドル(牝5・栗東・奥村豊)が勝利した。ハナ差の2着に1番人気のドナアトラエンテ(牝5・美浦・国枝栄)、3着にサンクテュエール(牝4・美浦・藤沢和雄)が入った。勝ちタイムは1:46.9(良)。

 2番人気で坂井瑠星騎乗、パラスアテナ(牝4・美浦・高柳瑞樹)は11着、3番人気で加藤祥太騎乗、ミスニューヨーク(牝4・栗東・杉山晴紀)は9着敗退。なお、5番クラヴァシュドールは出走取消となっている。

ルーラーシップ産駒

 7番人気に支持された団野大成騎乗、ディアンドルがゴール前の大接戦を制した。スタートからレースを引っ張る形になり、直線でも二の脚を伸ばして、ゴール前でもうひと伸び。馬群に飲まれそうになるも、最後まで驚異的な粘りを見せて、外から来たドナアトラエンテの猛追をハナ差凌いだ。

ディアンドル 16戦6勝
(牝5・栗東・奥村豊)
父:ルーラーシップ
母:グリューネワルト
母父:スペシャルウィーク
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ディアンドル
2着 ドナアトラエンテ
3着 サンクテュエール
4着 フィリアプーラ
5着 ムジカ
6着 アブレイズ
7着 シゲルピンクダイヤ
8着 アフランシール
9着 ミスニューヨーク
10着 パッシングスルー
11着 パラスアテナ
12着 アバルラータ
13着 ロザムール
14着 リュヌルージュ
15着 カリオストロ
(出走取消)クラヴァシュドール