【皐月賞】エフフォーリアが無傷の4連勝で制する

(C)スポニチ

 4月18日、中山11Rで行われた第81回皐月賞(3歳オープン・G1・牡牝・芝2000m・1着賞金=1億1000万円)は、横山武史騎乗の2番人気、エフフォーリア(牡3・美浦・鹿戸雄一)が勝利。無傷の4連勝で皐月賞を制した。勝ちタイムは2分00秒6(稍重)。

 2着に8番人気のタイトルホルダー(牡3・美浦・栗田徹)、3着に6番人気のステラヴェローチェ(牡3・栗東・須貝尚介)が入った。

【アンタレスS】テーオーケインズが完勝!人気に応える

無敗の皐月賞馬は史上19頭目

 2番人気に支持された横山武史騎乗、エフフォーリアが無敗で皐月賞を制した。レースでは五分のスタートから先行集団で流れに乗り、内々でロスなく立ち回った。勝負どころでもインを上手く捌いていき直線へ向くと、1番人気のダノンザキッドが後退していく中、手応え良く早々と抜け出し、ライバルの追撃もかわして悠々押し切った。無敗での皐月賞Vは昨年のコントレイルに続いて史上19頭目となった。

 皐月賞を勝ったエフフォーリアは、父エピファネイア、母ケイティーズハート、母の父ハーツクライという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は4戦4勝。重賞は21年共同通信杯(G3)に次いで2勝目。鞍上の横山武史騎手、管理する鹿戸雄一調教師は共に同レース初勝利。

【全着順】
1着 エフフォーリア 横山武史
2着 タイトルホルダー 田辺裕信
3着 ステラヴェローチェ 吉田隼人
4着 アドマイヤハダル C.ルメール
5着 ヨーホーレイク 岩田望来
6着 グラティアス M.デムーロ
7着 ディープモンスター 戸崎圭太
8着 レッドベルオーブ 福永祐一
9着 ヴィクティファルス 池添謙一
10着 イルーシヴパンサー 大野拓弥
11着 シュヴァリエローズ 三浦皇成
12着 ワールドリバイバル 菱田裕二
13着 ラーゴム 北村友一
14着 ルーパステソーロ 木幡巧也
15着 ダノンザキッド 川田将雅
16着 アサマノイタズラ 嶋田純次