【大阪-ハンブルクC】タニノギムレット産駒 ミスマンマミーアが差し切る

 11日、阪神競馬場で行われた10R・大阪-ハンブルクカップ(4歳上オープン・ハンデ・芝2600m)で3番人気、福永祐一騎乗、ミスマンマミーア(牝6・栗東・寺島良・担当装蹄師/西内荘)が勝利した。クビ差の2着に1番人気のヒートオンビート(牡4・栗東・友道康夫)、3着にレクセランス(牡4・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは2:35.1のレコード(良)。

 2番人気で酒井学騎乗、メロディーレーン(牝5・栗東・森田直行)は、10着敗退。

【忘れな草賞】キズナ産駒 ステラリアが2勝目

2着に断然人気のヒートオンビート

 3番人気に支持された福永祐一騎乗、ミスマンマミーアが差し切って勝利した。道中は後方からじっくりと進めて最内ラチ沿いをキープ。ロスのない立ち回りで直線に向くと、進路を探すように徐々に外目へ持ち出された。狭い隙間を捌いて差し脚を伸ばし、先に抜け出した断然人気のヒートオンビートをゴール寸前で見事に捉えた。

ミスマンマミーア 35戦6勝
(牝6・栗東・寺島良・担当装蹄師/西内荘)
父:タニノギムレット
母:サンデーメモリー
母父:サンデーサイレンス
馬主:吉田勝利
生産者:新生ファーム