【水沢・スプリングカップ】リュウノシンゲンが2着馬に9馬身差を付ける圧勝!

(C)岩手県競馬組合

 4日、水沢競馬場で行われた11R・スプリングカップ(M2・3歳・ダ1600m)で1番人気、坂口裕一騎乗、リュウノシンゲン(牡3・岩手・菅原勲)が快勝した。9馬身差の2着にファイントリック(牝3・岩手・佐藤祐司)、3着に2番人気のグランフォロミー(牡3・岩手・櫻田康二)が入った。勝ちタイムは1:42.6(稍重)。

【佐賀・ル・プランタン賞】1番人気のトゥルスウィーが優勝!

ダイヤモンドカップへ向けて好発進

【水沢・スプリングカップ】リュウノシンゲンが2着馬に9馬身差を付ける圧勝!
(C)岩手県競馬組合

1着 リュウノシンゲン
坂口裕一騎手
「レースでの位置取りは調教師さんから任せてもらっていましたし、この馬で一度逃げる競馬をしてみたいとも思っていましたから、スタート次第ではハナに行こうと考えていました。道中はフワフワしてもいて、何かに来られた時に反応してくれるかな?とも感じたのですが、そんな不安も関係なく強い勝ち方をしてくれました。逃げるとは言えスローで抑えていって勝っても、また他地区の強い馬と戦ったときに対応できない。だから今日は自分から飛ばしていくくらいの気持ちでしたね。去年から体重が増えて、乗ってみてもひと冬越しての成長を感じました。あとは自分が焦らず馬の邪魔をしないように回ってくるだけでした。今年は去年以上の活躍を期待している馬ですので、応援よろしくお願いします」

菅原勲調教師
「馬は仕上がっていましたし、前に行けるなら行ってしまっていいとも思っていましたから、その通りの走りをしてくれた。結果は思った以上の走りでしたね。去年と違う形の競馬で勝てたのは、馬が精神的に成長していた部分でしょう。いずれ遠征も考えている馬ですから地元ではこういう戦いをしたいと思っていました。次戦は、ダイヤモンドカップになると思います」

リュウノシンゲン 10戦8勝
(牡3・岩手・菅原勲)
父:グランプリボス
母:ランブルジャンヌ
母父:Mutakddim
馬主:蓑島竜一
生産者:谷川牧場

【全着順】
1着 リュウノシンゲン
2着 ファイントリック
3着 グランフォロミー
4着 アイノエスポワール
5着 サンエイマジック
6着 シャノンアーサー
7着 シラカミロード
8着 スクアドラハイ
9着 トキノレーヴ
10着 コスモマイディア
11着 リップクリーム