【大阪杯】川田「凄いことをした」レイパパレが無傷の6連勝

 4日、阪神競馬場で行われたG1・大阪杯は、4番人気のレイパパレが逃げ切って無傷の6連勝を達成。三冠馬コントレイルを破り、新たなスターホースが誕生した。

大阪杯、勝利ジョッキーコメント
1着 レイパパレ
川田将雅騎手
「本当に凄いことをしたなと思います。素晴らしい馬です。返し馬、下ろすまではちょっとごねたりしましたけど、走り出してからはすごくリズムが良かったですし、最後の方は少し力みながらにはなりましたけど、本当に良い雰囲気で返し馬を終えることが出来たので、今日のこの雰囲気なら良い走りが出来るんじゃないかと思ってゲートを切りました。馬場的にもまわりの馬的にも今日はもうスムーズにハナまで行ってしまおうということを選択してこの競馬をしてきました。この馬が力みすぎてない程度に走った結果がこの時計でした。4コーナーで後ろとの距離を確認して、出来ることならば馬場の真ん中に出したいなという思いがあったので、後ろとの距離もありましたので、迷惑をかけることなく馬場の真ん中に出すことが出来ましたし、その後もしっかりと最後まで走りきって、ちゃんと勝ち切ってくれたなと思います。やはりこういう馬場なので、中々伸びてくるのは難しいとは思うんですけど、その中でもこの馬自身とてもリズム良く走ってきながらゴールまでしっかりと走りきることが出来た結果がこの勝ち方だなと思います。新馬の時から能力の高さは間違いなく、前回重賞を何とか勝つことが出来て、今回不安の方が大きかったですけど、それをあっさりと克服してくれてこういう勝ち方をしてくれる、このメンバーで勝ちきってくれましたので、この後この馬が背負っていくものというのは極端に大きくなりましたから、それに見合う走りを今後も出来るように、一戦一戦しっかり走って行きたいなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 4日、阪神競馬場で行われた11R・大阪杯(G1・4歳上オープン・芝2000m)で4番人気、川田将雅騎乗、レイパパレ(牝4・栗東・高野友和)が快勝した。4馬身差の2着にモズベッロ(牡5・栗東・森田直行)、3着に1番人気のコントレイル(牡4・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは2:01.6(重)。

 2番人気でC.ルメール騎乗、グランアレグリア(牝5・美浦・藤沢和雄)は4着、3番人気で松山弘平騎乗、サリオス(牡4・美浦・堀宣行)は5着敗退。

【大阪杯】福永「最後は脚があがってしまった」コントレイルはまさかの3着

三冠馬コントレイルは3着

【大阪杯】川田「凄いことをした」レイパパレが無傷の6連勝

 大粒の雨が降る中、先頭でゴール板を駆け抜けたのはコントレイルでもグランアレグリアでもなかった。レイパパレがスタートから主導権を握りレースを引っ張り、直線では馬場の良い真ん中に持ち出されてスパート。強敵をグングン突き放していき、終わってみれば4馬身差の完勝だった。1番人気のコントレイルは3着、2番人気のグランアレグリアは4着に敗れた。

レイパパレ 6戦6勝
(牝4・栗東・高野友和)
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レイパパレ 川田将雅
2着 モズベッロ 池添謙一
3着 コントレイル 福永祐一
4着 グランアレグリア C.ルメール
5着 サリオス 松山弘平
6着 カデナ 鮫島克駿
7着 アーデントリー 和田竜二
8着 ブラヴァス 三浦皇成
9着 アドマイヤビルゴ 岩田望来
10着 ペルシアンナイト 幸英明
11着 クレッシェンドラヴ 内田博幸
12着 ワグネリアン 吉田隼人
13着 ハッピーグリン 団野大成