【黒船賞】岩田康「ミスター黒船と呼んでください」テイエムサウスダンが8馬身差圧勝

(C)Yushi Machida

 16日、高知競馬場で行われた交流G3・黒船賞は、2番人気のテイエムサウスダンが圧勝。他馬を寄せ付けない走りを見せた。

黒船賞、勝利ジョッキーコメント
1着 テイエムサウスダン
岩田康誠騎手
「高知を楽しもうと思いました。満喫しました。素直で注文もなく、スピードもあります。(2番手からの手応えは?)風になりました。久しぶりのファンがいたので、自分自身も嬉しかったし、馬もパドックでビックリしていましたね。本当に乗りやすい馬で、こういう力のある馬場が得意じゃないのかな。僕のことをミスター黒船「黒船賞5勝目)と呼んでください(笑)応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 16日、高知競馬場で行われた3R・黒船賞(Jpn3・4歳上・ダ1400m)で2番人気、岩田康誠騎乗、テイエムサウスダン(牡4・栗東・飯田雄三)が快勝した。8馬身差の2着に1番人気のスリーグランド(牡4・栗東・高橋義忠)、3着にモジアナフレイバー(牡6・大井・福永敏)が入った。勝ちタイムは1:27.6(重)。

 3番人気で松山弘平騎乗、サクセスエナジー(牡7・栗東・北出成人)は、5着敗退。

【ダイオライト記念】ダノンファラオは8枠10番

交流重賞2勝目

【黒船賞】岩田康「ミスター黒船と呼んでください」テイエムサウスダンが8馬身差圧勝
(C)Yushi Machida

 2番人気に支持された岩田康誠騎乗、テイエムサウスダンが交流重賞2勝目を飾った。序盤から手応え良く先行していき、2番手の位置で流れに乗ると、逃げる武豊グリムをマークする様に早めの競馬で直線の攻防へ。ラストは完全に一人旅となり、終わってみれば8馬身差でライバルを圧倒した。

テイエムサウスダン 13戦6勝
(牡4・栗東・飯田雄三)
父:サウスヴィグラス
母:ムービングアウト
母父:Langfuhr
馬主:竹園正繼
生産者:グランド牧場

【全着順】
1着 テイエムサウスダン
2着 スリーグランド
3着 モジアナフレイバー
4着 グリム
5着 サクセスエナジー
6着 インペリシャブル
7着 スペルマロン
8着 アイアンブルー
9着 ノボバカラ
10着 ドライヴナイト
11着 ブラゾンドゥリス
12着 ヴァケーション