【金鯱賞】西村淳「自信を持って乗りました」ギベオンが大金星

(C)スポニチ

 14日、中京競馬場で行われたG2・金鯱賞は、10番人気の伏兵ギベオンが逃げ切り。2着に飛び込んだ三冠牝馬のデアリングタクトの猛追を凌いで大金星を飾った。このレースの1着馬には大阪杯(4月4日・阪神・芝2000m)への優先出走権が与えられる。

金鯱賞、勝利ジョッキーコメント
1着 ギベオン
西村淳也騎手
「凄く追い切りの時から状態も良かったですし、自信を持って乗りました。藤原先生と枠順が決まった時から相談して、このメンバーならハナに行こうかと話しもありましたし、ゲート出てからじゃないとわからないところもありましたけど、ゲートもスムーズに出てくれて、ハナに行こうと思いました。ちょっと3、4コーナーで手応え悪くなりましたけど、直線ではまた伸びてくれたので、凌いでくれと思って乗っていました。(ゴール前は)内外離れていたのでわからなかったのですが、あとは祈るだけでした。後輩が重賞を勝っている中、重賞も勝てていなかったので、ようやく勝てて嬉しいです。重賞を勝たせて戴いたのでまたこれからも頑張ります」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 14日、中京競馬場で行われた11R・金鯱賞(G2・4歳上オープン・芝2000m)で10番人気、西村淳也騎乗、ギベオン(牡6・栗東・藤原英昭)が勝利した。クビ差の2着に1番人気のデアリングタクト(牝4・栗東・杉山晴紀)、3着にポタジェ(牡4・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは2:01.8(重)。

 2番人気で川田将雅騎乗、グローリーヴェイズ(牡6・美浦・尾関知人)は4着、3番人気でM.デムーロ騎乗、キセキ(牡7・栗東・辻野泰之)は5着敗退。

【フィリーズレビュー】和田竜「イメージ通り行けた」シゲルピンクルビーがV

デアリングタクトは僅かに届かず

 ゴール前は外から三冠牝馬のデアリングタクトが一気に迫ったが、僅かに内の西村淳也騎乗、ギベオンが逃げ切りで大金星を飾った。レースでは序盤から楽にギベオンが先手を奪い主導権を握ると、終始絡まれることなくマイペースの逃げに。直線の攻防では得意の左回りでギベオンがもうひと伸び、強烈な粘り腰で中団から末脚を伸ばしたデアリングタクトの猛追を凌ぎ切った。

ギベオン 18戦4勝
(牡6・栗東・藤原英昭)
父:ディープインパクト
母:コンテスティッド
母父:Ghostzapper
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ギベオン
2着 デアリングタクト
3着 ポタジェ
4着 グローリーヴェイズ
5着 キセキ
6着 サンレイポケット
7着 サトノフラッグ
8着 ペルシアンナイト
9着 ジナンボー
10着 ブラヴァス