【武豊日記】35年連続重賞勝ち

(C)スポニチ

 ボクの個人的な記録。35年連続重賞勝ちは、珍しい同着Vでした。

 チューリップ賞のVTRをご覧いただけばわかると思いますが、メイケイエールは相変わらずのお転婆で、前半はまったく折り合いがつきませんでした。仕方なしに先頭に立ったのが3コーナー手前で、あの時点では最下位になっても文句は言えないと思っていました。

【チューリップ賞】武豊「カッコ悪い勝ち方」メイケイ、エリザベスの同着V

逃げるという選択も

 ハナに立ってみたらフッと力みが抜けた感じがしましたが、それでもゴールまで息がもつとは思いません。1着同着とはいえ、最後まで交わされなかったのはあの馬の能力以外の何者でもありません。課題は大きく残りましたが、桜花賞は腹をくくって乗るしかありません。枠順やスタートにもよりますが、逃げるという選択もありでしょう。不安に思うより、楽しみと考えることにします。

 今週末は、土曜は中山、日曜は阪神で騎乗します。中山牝馬Sはランブリングアレー、フィリーズレビューはヤマニンルリュール。どちらも楽しみな馬ですが、ヤマニンは抽選を切り抜けなければいけません。新馬戦が強かったのに、2戦目は案外。どっちが本当の姿なのか見極めたいのですが、まずは運を味方につけなければというところです。

(C)武豊オフィシャルサイト