【名古屋大賞典】クリンチャーが交流重賞連勝

(C)愛知県競馬組合

 11日、名古屋競馬場で行われた11R・名古屋大賞典(Jpn3・4歳上オープン・ダ1900m)で1番人気、川田将雅騎乗、クリンチャー(牡7・栗東・宮本博)が快勝した。3馬身差の2着にバンクオブクラウズ(牡4・栗東・石坂公一)、3着に2番人気のロードブレス(牡5・栗東・奥村豊)が入った。勝ちタイムは2:00.0(良)。

 3番人気で松山弘平騎乗、メイショウカズサ(牡4・栗東・安達昭夫)は、8着敗退。

【佐賀記念】川田「圧倒的に特別な場所」クリンチャーが9馬身差圧勝

貫禄の勝利

 断然の1番人気に支持された川田将雅騎乗、クリンチャーが直線で堂々抜け出して、貫禄の勝利を飾った。レースでは勝負どころから徐々に上がって行き、直線入り口で逃げ馬を捉える正攻法。この勝利で前走の佐賀記念に続いてダートグレード連勝、通算6勝目で重賞は4勝目をマークした。

クリンチャー 28戦6勝
(牡7・栗東・宮本博)
父:ディープスカイ
母:ザフェイツ
母父:ブライアンズタイム
馬主:前田幸治
生産者:平山牧場

【全着順】
1着 クリンチャー
2着 バンクオブクラウズ
3着 ロードブレス
4着 ジンギ
5着 ウインユニファイド
6着 ノーブルサターン
7着 スギノグローアップ
8着 メイショウカズサ
9着 ドリームスイーブル
10着 サンデンバロン
11着 メイショウオオゼキ
12着 ポルタディソーニ