西浦勝一調教師が引退「ほっとしています」

 2月28日をもって引退した西浦勝一調教師(栗東)は、日曜小倉12Rのポールトゥウィン(5着)が最後の出走となった。西浦調教師のコメントは以下のとおり。

角居勝彦調教師が引退「シーザリオが亡くなってしまったのは残念」

テイエムオーシャン、ホッコータルマエでG1勝利

西浦勝一調教師コメント
「全馬無事レースを終えて、次の厩舎に送り届けることができてほっとしています。最後に阪神競馬場でこうして重賞に出走させて終えることが出来て感謝しています。騎手時代ではヤエノムテキやカツラギエースなどたくさんいい馬に乗せてもらって、調教師時代はテイエムオーシャンでGⅠを勝たせてもらって、ホッコータルマエでは牡馬のGⅠを勝つことができました。そういう馬たちに巡り合えたことが人生で一番の思い出です」