蛯名騎手「明日から調整ルームのサウナに入れないのは寂しい」現役生活に別れを告げる

 JRA通算2541勝の名手、蛯名正義騎手が28日の中山競馬を最後に、現役生活に別れを告げた。最終12レース後にはウィナーズサークルで引退式が執り行われ、騎手仲間が駆けつけ大ベテランを胴上げ。3月1日からは調教師に転身し、新しい道を歩む。

武豊「究極は蛯名厩舎の馬で凱旋門賞」蛯名正義引退式コメント

蛯名「楽しく頑張って来れた騎手人生」

蛯名正義騎手コメント
「明日から調整ルームのサウナに入れないかと思うとすごく寂しい気持ちです。デビューしたのがこの地(中山競馬場)で、卒業するのもここっていうのはやっぱり非常に好きな競馬場でもありますし、最後に良い競馬もさせてもらって本当に良かったなと思っています。非常に皆さんに応援していただいて、良い馬に乗せていただいて、良い競馬が出来て本当に幸せだなと思います。沢山良い思いもさせてもらってきましたけど、やっぱり負けてる方がすごく印象が強くてですね、一本人気で日経賞のマンハッタンカフェ1.1倍だったんですけど、それ負けた時には本当になんか抜け殻のように自分がなっていたのを今でも覚えていますね。やっぱりファンの方々に愛されるような馬を育てていけるようなそんな調教師になれたらと思っています。(武豊騎手からの今度は一緒に勝とうという言葉もありましたが)きっとそういうところをカメラマンの皆さんは狙って撮りたいんだろうなというのが目に浮かぶので、そこはちゃんとやりたいなと思っています。ファンの皆さんに愛されるような馬で、馬主さんにも喜んでいただけるように、騎手時代に出来なかったことも出来るようなそういう馬を育てられたらいいなと思っています。まずはこの場を設けて下さったJRAの皆さま、ありがとうございました。そしてファンの皆さま、騎手「蛯名正義」を34年間応援していただいて本当にありがとうございました。ファンの皆さまの応援で励まされ勇気づけられ楽しく頑張ってこられた騎手人生だったと思っています。本当にありがとうございました。そして、沢山の馬たち、馬主様、調教師様、厩舎関係者、矢野進調教師、牧場関係者、競馬学校の教官、チーム蛯名というサポートをしてくださった方々、友人、本当に沢山の方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。それと、やっぱり家族にはどんな時も支えていただいて、頑張って来れた騎手人生だったなと思います。本当に感謝しています。そして、騎手仲間、先輩、後輩、同期。指導刺激され、本当に楽しく頑張ってこれた騎手人生だったなと思っております。本当に皆さんありがとうございました。明日から調教師として出発します。騎手「蛯名正義」を応援していただいた以上に、調教師「蛯名正義」を応援していただけるように、今後とも頑張っていきますので、よろしくお願い致します。本当に長い間ありがとうございました!」