【中山7R】メイショウムラクモが8馬身差圧勝!

 27日、中山競馬場で行われた7R・3歳1勝クラス(ダ1800m)で2番人気、柴田善臣騎乗、メイショウムラクモ(牡3・美浦・和田勇介)が快勝した。8馬身差の2着に1番人気のディールクルム(牡3・美浦・田村康仁)、3着にホウオウルバン(牡3・美浦・池上昌和)が入った。勝ちタイムは1:54.4(良)。

蛯名正義騎手の引退式がYouTubeチャンネルでライブ配信

ネオユニヴァース産駒

 2番人気に支持された柴田善臣騎乗、メイショウムラクモが8馬身差の圧勝を演じた。レースでは1コーナーから先頭を奪いマイペースでラップを刻むと、終始楽な運びで直線の攻防へ。直線入り口では既に後続と大きな差があり逃げ込みを図り、完全な独走態勢で流すようにゴールした。

メイショウムラクモ 5戦2勝
(牡3・美浦・和田勇介)
父:ネオユニヴァース
母:ノースパストラル
母父:キングヘイロー
馬主:松本好雄
生産者:高昭牧場