【フェブラリーS】やっぱりルメール!カフェファラオがG1初制覇

(C)スポニチ

 2月21日、東京11Rで行われた第38回フェブラリーステークス(4歳以上オープン・G1・ダ1600m・16頭立て・1着賞金=1億円)は、ルメール騎乗の1番人気、カフェファラオ(牡4歳・美浦・堀宣行)が初G1制覇を飾った。勝ちタイムは1分34秒4(良)。

 2着はエアスピネル(9番人気)、3着にはワンダーリーデル(8番人気)が入った。

【小倉大賞典】11番人気 テリトーリアルがVで波乱!引退する西浦調教師に花を添える

東京ダート1600mは無敗

 ルメール騎手の見事な手綱捌きで、カフェファラオをG1初制覇に導いた。五分のスタートを切ると、迷わず押していき3番手の位置へ。前の馬には厳しいペースのようにも見えたが、好位から手応え良く抜け出しを図り、見事に押し切った。東京ダート1600mでは無敗。得意のコースで力を出し切った。

 フェブラリーステークスを勝ったカフェファラオは、父American Pharoah、母Mary’s Follies、母の父More Than Readyという血統。アメリカ・Paul P Pompaの生産馬で、馬主は西川光一氏。通算成績は7戦5勝。重賞は2020年ユニコーンステークス(G3)、シリウスステークス(G3)に次いで3勝目。C.ルメール騎手は同レース2勝目、堀宣行調教師は初勝利。

【全着順】
1着 カフェファラオ C.ルメール
2着 エアスピネル 鮫島克駿
3着 ワンダーリーデル 横山典弘
4着 レッドルゼル 川田将雅
5着 エアアルマス 松山弘平
6着 インティ 武豊
7着 ミューチャリー 御神本訓史
8着 ソリストサンダー 北村宏司
9着 アルクトス 田辺裕信
10着 ヤマニンアンプリメ 横山武史
11着 サンライズノヴァ 松若風馬
12着 スマートダンディー 秋山真一郎
13着 オーヴェルニュ 丸山元気
14着 ワイドファラオ 福永祐一
15着 サクセスエナジー 酒井学
16着 ヘリオス M.デムーロ