【ヒヤシンスS】ペルーサ産駒 ラペルーズが最内を差し切ってV

 21日、東京競馬場で行われた9R・ヒヤシンスステークス(L・3歳オープン・ダ1600m)で2番人気、C.ルメール騎乗、ラペルーズ(牡3・美浦・藤沢和雄)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にプロバーティオ(牡3・美浦・田中剛)、3着にレディバグ(牝3・栗東・北出成人)が入った。勝ちタイムは1:36.8(良)。

 2番人気で川田将雅騎乗、タケルペガサス(牡3・美浦・加藤征弘)は、4着敗退。

【東京5R】エピファネイア産駒 スパークルが2勝目

【ヒヤシンスS】ペルーサ産駒 ラペルーズが最内を差し切ってV
【ヒヤシンスS】ペルーサ産駒 ラペルーズが最内を差し切ってV

2番人気の支持

 2番人気に支持されたルメール騎乗、ラペルーズがオープンクラス初勝利を飾った。スタートをやや出負け気味に飛び出すと、腹を括って後方待機でじっくり末脚を温存。勝負どころでもインにこだわり、鞍上も落ち着いて内からスパートを開始。最内をグングン伸びて、上がり最速となる鋭い末脚を繰り出して見事に差し切った。

ラペルーズ 6戦4勝
(牡3・美浦・藤沢和雄)
父:ペルーサ
母:ハットシテグー
母父:Empire Maker
馬主:多田信尊
生産者:富田牧場