【新馬/東京2R】アンライバルド産駒 エスジープリンセスがデビューV

(C)スポニチ

 14日、東京競馬場で行われた2R・3歳新馬戦(ダ1400m)で2番人気、大野拓弥騎乗、エスジープリンセス(牝3・美浦・和田勇介)が勝利した。クビ差の2着にスラップショット(牡3・美浦・大竹正博)、3着にペダンクルアーチ(牡3・栗東・牧浦充徳)が入った。勝ちタイムは1:27.4(良)。

 1番人気で嘉藤貴行騎乗、イールドブラック(牡3・美浦・奥平雅士)は、4着敗退。なお、14番ネオヒューズは競走除外となっている。

【こぶし賞】6番人気 ルチェカリーナが2勝目

ゴール前の接戦を制する

 2番人気に支持された大野拓弥騎乗、エスジープリンセスが嬉しいデビューVを飾った。スタートの出はやや悪く、前半は後方から行く形となったが、徐々にスピードに乗って好位まで進出。勝負どころをロスなく回って直線に向くと、しぶとく馬群の間から抜け出した。

エスジープリンセス 1戦1勝
(牝3・美浦・和田勇介)
父:アンライバルド
母:アースファイヤー
母父:クロフネ
馬主:後藤貞夫
生産者:グローリーファーム