【新馬/東京3R】ワーズワースがデビューV!半兄はカシアス

(C)スポニチ

 13日、東京競馬場で行われた3R・3歳新馬戦(ダ1600m)で4番人気、戸崎圭太騎乗、ワーズワース(牡3・栗東・清水久詞)が快勝した。3馬身差の2着にスミソニアン(牡3・美浦・久保田貴士)、3着に1番人気のタマモヒップホップ(牡3・美浦・伊藤圭三)が入った。勝ちタイムは1:39.1(良)。

 2番人気で松山弘平騎乗、マックスウォリアー(牡3・栗東・平田修)は、13着敗退。

【洛陽S】サトノフェイバーが逃げ切り!約2年ぶりの勝利

リオンディーズ産駒

 4番人気に支持された戸崎圭太騎乗、ワーズワースが嬉しいデビューVを飾った。好スタート好ダッシュを決めて3番手の位置で軽快に流れに乗り、勝負どころでは早くも先頭に並びかける行きっぷりで直線の攻防へ。終始手応えはよく、じわじわとした伸び脚で後続を突き放して3馬身差の完勝だった。同馬の半兄には、2017年函館2歳ステークスを勝利したカシアスがいる。

ワーズワース 1戦1勝
(牡3・栗東・清水久詞)
父:リオンディーズ
母:ラブディラン
母父:Dylan Thomas
馬主:カナヤマホールディングス
生産者:谷岡牧場