【新馬/東京6R】ロードカナロア産駒 ラヴォルタがデビューV

 30日、東京競馬場で行われた6R・3歳新馬戦(芝1600m)で1番人気、C.ルメール騎乗、ラヴォルタ(牝3・美浦・田村康仁)が快勝した。1馬身差の2着にサンフローリス(牝3・美浦・大竹正博)、3着にタイセイジェニー(牝3・美浦・池上昌和)が入った。勝ちタイムは1:36.0(良)。

 2番人気で川田将雅騎乗、フェアリーバローズ(牝3・栗東・角居勝彦)は、4着敗退。

【東京5R】断然人気のボーデンが好時計で圧勝

人気に応える

 1番人気に支持されたルメール騎乗、ラヴォルタが嬉しいデビューVを飾った。レースではスムーズに2番の位置で流れに乗り、手応え良く直線へ。脚色衰えることなく抜け出しを図り、後続を1馬身振り切って見事に押し切った。

ラヴォルタ 1戦1勝
(牝3・美浦・田村康仁)
父:ロードカナロア
母:フロアクラフト
母父:フジキセキ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム