【東京4R】7番人気タイセイスラッガーが逃げ切って2勝目

 30日、東京競馬場で行われた4R・3歳1勝クラス(ダ1600m)で7番人気、M.デムーロ騎乗、タイセイスラッガー(牡3・美浦・高橋裕)が勝利した。クビ馬身差の2着に1番人気のアナンシエーション(牡3・美浦・手塚貴久)、3着にゲンパチフォルツァ(牡3・美浦・堀井雅広)が入った。勝ちタイムは1:36.7(重)。

 2番人気で田中勝春騎乗、ショウリノカンパイ(牝3・美浦・藤原辰雄)は、5着敗退。

【新馬/東京2R】6番人気トゥーパンクスがデビュー戦を飾る

断然人気のアナンシエーションは2着

 7番人気に支持されたデムーロ騎乗、タイセイスラッガーが未勝利からの連勝で2勝目をマークした。好スタート好ダッシュを決めてマイペースで主導権を握ると、手応え良く直線の攻防へ。まだまだ余力を残してスパートを開始すると、二の脚を使って逃げ込みを図り、後続を振り切ってゴールした。断然人気のアナンシエーションは、スタートでやや後手を踏み、道中早めに押し上げて行くも、2着に敗れた。

タイセイスラッガー 4戦2勝
(牡3・美浦・高橋裕)
父:タイセイレジェンド
母:ベネフィット
母父:マンハッタンカフェ
馬主:田中成奉
生産者:ナカノファーム