【新馬/東京2R】6番人気トゥーパンクスがデビュー戦を飾る

 30日、東京競馬場で行われた2R・3歳新馬戦(ダ1400m)で6番人気、内田博幸騎乗、トゥーパンクス(牡3・美浦・田村康仁)が快勝した。3馬身差の2着に2番人気のタマモアンドロメダ(牡3・美浦・水野貴広)、3着に1番人気のランボボーイ(牡3・美浦・栗田徹)が入った。勝ちタイムは1:25.5(重)。

【白梅賞】マクフィ産駒 ヴィジュネルが2勝目

2019年北海道サマーセールで約730万円

 6番人気に支持された内田博幸騎乗、トゥーパンクスが嬉しいデビューVを飾った。レースでは好スタートを切り、先行集団5番手の位置へ。直線入り口から馬群を割るように抜け出しを図ると、ラスト100mから先頭に立ちそのまま押し切った。

トゥーパンクス 1戦1勝
(牡3・美浦・田村康仁)
父:Garswood
母:サウンタ
母父:Invincible Spirit
馬主:野嶋祥二
生産者:杵臼牧場