【川崎記念】ルメール「ペースが…」ロードブレスは6着

 前が止まらない馬場、ペースも緩く厳しい展開に伸びきれず6着に敗れた。道中は先行勢の一団でレースを進めるも、ペースアップしてから前との差を詰められずに流れ込むような形に。鞍上のルメール騎手は「ペースが遅かったです」とサバサバとレースを振り返った。

6着 ロードブレス
C.ルメール騎手
「ペースが遅かったです。向正面で外からプレッシャーがあったのでポジション探しました。馬が動いて行って反応したけど、この馬場で止まらなかった。馬の状態は良かったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 27日、川崎競馬場で行われた11R・川崎記念(Jpn1・4歳上オープン・ダ2100m)で4番人気、張田昂騎乗、カジノフォンテン(牡5・船橋・山下貴之)が快勝した。3馬身差の2着に1番人気のオメガパフューム(牡6・栗東・安田翔伍)、3着に3番人気のダノンファラオ(牡4・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは2:14.9(重)。

 2番人気でC.ルメール騎乗、ロードブレス(牡5・栗東・奥村豊)は、6着敗退。

【川崎記念】デムーロ「左右は関係ない」オメガパフュームは2着

東京大賞典の鬱憤を晴らす

【川崎記念】ルメール「ペースが…」ロードブレスは6着

 4番人気に支持された張田昴騎乗、カジノフォンテンが中央勢を撃破した。スタートから先手を奪いゆったりとしたマイペースに。終始後続に並ばれることなくレースを進めると、勝負どころでも抜群の手応えで進出。直線に入っても脚色衰えることなく、後続を突き放し悠々逃げ切った。鞍上の張田騎手は「めっちゃ嬉しい」と終始満面の笑みだった。

カジノフォンテン 19戦10勝
(牡5・船橋・山下貴之)
父:カジノドライヴ
母:ジーナフォンテン
母父:ベストタイアップ
馬主:吉橋興生
生産者:登別上水牧場

【全着順】
1着 カジノフォンテン
2着 オメガパフューム
3着 ダノンファラオ
4着 タービランス
5着 ミューチャリー
6着 ロードブレス
7着 デルマルーヴル
8着 ハナズレジェンド
9着 メイショウオオゼキ
10着 マインシャッツ