【新馬/中山6R】エピファネイア産駒 カレンレベンティスがデビューV

(C)スポニチ

 24日、中山競馬場で行われた6R・3歳新馬戦(芝2000m)で3番人気、戸崎圭太騎乗、カレンレベンティス(牡3・美浦・国枝栄)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にプレイイットサム(牡3・栗東・藤岡健一)、3着にルージュメサージュ(牝3・栗東・斉藤崇史)が入った。勝ちタイムは2:08.8(不良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、ヴァルガス(牡3・美浦・藤沢和雄)は12着、2番人気で大野拓弥騎乗、グランオフィシエ(牡3・美浦・久保田貴士)は4着敗退。

【中山5R】昨年薬物検出のソーヴァリアントが初勝利

2019年セレクトセールで約4900万円

 3番人気に支持された戸崎圭太騎乗、カレンレベンティスが嬉しいデビューVを飾った。道中はゆっくりと後方で脚をためていくレース運びで、3コーナー手前から徐々に進出。外目から勢いよく上がっていき直線では馬場の真ん中から力強く差し脚を伸ばした。ラストは流す余裕を見せての完勝だった。

カレンレベンティス 1戦1勝
(牡3・美浦・国枝栄)
父:エピファネイア
母:ラントゥザリード
母父:タニノギムレット
馬主:鈴木隆司
生産者:社台ファーム