【東海S】川田「手応え良く追走出来ていた」オーヴェルニュが重賞初V

(C)スポニチ

 24日、中京競馬場で行われたG2・東海ステークスは、2番人気のオーヴェルニュが重賞初制覇を飾った。1番人気に支持されたインティは直線入り口から失速し、12着に敗れている。このレースの1着馬にはフェブラリーステークス(2月21日・東京)への優先出走権が与えられる。

東海ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 オーヴェルニュ
川田将雅騎手
「久しぶりになりますけど、最近も良い競馬を続けていましたし、どういう変化があるのかなということを楽しみにしながら競馬を迎えました。ずっと流れは速かったのですが、それでも手応えは良く追走出来ていましたし、この馬にとっては我慢するよりもこうやって進んでいく競馬の方が楽なので、先のことを考えずとにかくここを勝ちに行こうという競馬をしていたらああいう形になったというところです。やはりどうしても前の方で競馬をしていないと苦しい競馬になるのが今の馬場状態かなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 24日、中京競馬場で行われた11R・東海ステークス(G2・4歳上オープン・ダ1800m)で2番人気、川田将雅騎乗、オーヴェルニュ(牡5・栗東・西村真幸)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にアナザートゥルース(せん7・美浦・高木登)、3着にメモリーコウ(牝6・栗東・松永幹夫)が入った。勝ちタイムは1:49.2(不良)。

 1番人気で武豊騎乗、インティ(牡7・栗東・野中賢二)は12着、3番人気で田辺裕信騎乗、ハヤヤッコ(牡5・美浦・国枝栄)は6着敗退。

【AJCC】ルメール「トップコンディションじゃなかった」アリストテレスが重賞初制覇

スマートファルコン産駒

 2番人気に支持された川田将雅騎乗、オーヴェルニュが嬉しい重賞初制覇を飾った。重賞初挑戦で堂々とした走りだった。4コーナーで逃げるインティを捕らえにかかると、直線では後続を突き放しての独走態勢に。この勝利でリステッド競走2連勝を含む3連勝となり、新しいスター誕生を感じさせる勝ちっぷりだった。

オーヴェルニュ 19戦7勝
(牡5・栗東・西村真幸)
父:スマートファルコン
母:ギュイエンヌ
母父:タニノギムレット
馬主:杉山忠国
生産者:明治牧場

【全着順】
1着 オーヴェルニュ
2着 アナザートゥルース
3着 メモリーコウ
4着 デュードヴァン
5着 グレートタイム
6着 ハヤヤッコ
7着 ケイアイパープル
8着 タイキフェルヴール
9着 ダノンスプレンダー
10着 コマビショウ
11着 テーオーフォース
12着 インティ
13着 ムイトオブリガード
14着 ダイシンインディー
15着 ロードアクシス