【初富士S】超良血ドナアトラエンテがオープン入り

 23日、中山競馬場で行われた11R・初富士ステークス(4歳上3勝クラス・ハンデ・芝1800m)で1番人気、C.ルメール騎乗、ドナアトラエンテ(牝5・美浦・国枝栄)が勝利した。クビ差の2着にニシノカツナリ(牡5・美浦・水野貴広)、3着にワールドヘリテージ(牡6・美浦・金成貴史)が入った。勝ちタイムは1:50.6(重)。

 2番人気で戸崎圭太騎乗、ムジカ(牝4・栗東・鈴木孝志)は、6着敗退。

【中山7R】カレンブラックヒル産駒 リメスが2勝目

【初富士S】超良血ドナアトラエンテがオープン入り
【初富士S】超良血ドナアトラエンテがオープン入り

全姉はジェンティルドンナ

 1番人気に支持されたルメール騎乗のドナアトラエンテがオープン入りを果たした。大逃げの馬が一頭飛ばしていく展開にも慌てる事なく、直線では馬場の真ん中からしっかりと伸びて差し切り。力強い走りで抜け出した。同馬の全姉には2012年のジャパンカップを制したジェンティルドンナがいる。

ドナアトラエンテ 9戦4勝
(牝5・美浦・国枝栄)
父:ディープインパクト
母:ドナブリーニ
母父:Bertolini
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム