アナウンサー泣かせ!話題の「スモモモモモモモモ」はデビュー2戦目で3着

(C)TCK特別区競馬組合

 18日の大井2レースでは、アナウンサー泣かせで話題の馬「スモモモモモモモモ」がデビュー2戦目を迎えた。スタートをやや出負け気味に出るといきなりアナウンサーの見せ場がやってきた。「少し遅れたのがスモモモモモモモモ」完璧に言えている。流石プロのアナウンサーと言わんばかりに名前をキッチリと言い切った。

クロフネが老衰で死亡…西内荘「ディープとは真逆」

道中は3回名前を呼ばれる

アナウンサー泣かせ!話題の「スモモモモモモモモ」はデビュー2戦目で3着
(C)TCK特別区競馬組合

 レースでは後方から運ぶ形も、勝負どころから大外を回って進出。手応えよく末脚を伸ばして3着争いを制した。道中に1回、そしてゴール前で「外から追い込んでくるスモモモモモモモモ!」と、計3回名前を叫ばれるも完璧なアナウンス。一瞬差し切るのではないかと思わせる脚色で突っ込み、次こそはと思わせる内容だった。ゴール前の大接戦となった場合は一体どうなるのかというドキドキ感を感じながら、この馬の初勝利を待ちわびたい。

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 18日、大井競馬場で行われた2R・3歳選抜牝馬(68万未満・ダ1200m)で4番人気、石川駿介騎乗、ムンダーナ(牝3・大井・鈴木啓之)が勝利した。ハナ差の2着に1番人気のシニスターシックス(牝3・大井・大宮和也)、3着にスモモモモモモモモ(牝3・大井・櫻木英喜)が入った。勝ちタイムは1:16.4(良)。

 2番人気で小杉亮騎乗、ハッピーヘイロー(牝3・大井・米田英世)は、10着敗退。

ムンダーナ 6戦1勝
(牝3・大井・鈴木啓之)
父:タイセイレジェンド
母:コロニアルディーバ
母父:コロニアルアッフェアー
馬主:長浜和也
生産者:サンローゼン