【京成杯】ルメール「素晴らしい手応え」グラティアスがデビュー2連勝

(C)スポニチ

 17日、中山競馬場で行われたG3・京成杯は、1番人気に支持されたグラティアスが完勝。鞍上のルメール騎手は先週のフェアリーステークスに続き、3歳重賞2週連続の勝利となった。

京成杯、勝利ジョッキーコメント
1着 グラティアス
C.ルメール騎手
「今回馬にとって良い勉強でした。別の馬の後ろで我慢することが出来ましたし、リラックスすることが出来ました。その後は直線で能力を見せてくれました。素晴らしい手応えでした。飛びが大きいですけど、今日は加速しました。直ぐにトップスピードに届いて、今日は結構楽勝でした。馬体が大きくなったし、少し大人になりましたし、まだ良くなれると思います。良くなったら、まだインプルーブしたらG1に行けると思います。出来ればG1で乗りたいし、G1を勝ちたいです。すごく良いスタートをしました。皆さんのおかげで良い馬に乗ることが出来ました。クラシックにとって早めに重賞勝つのは大事です。だから今日はすごく嬉しく思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 17日、中山競馬場で行われた11R・京成杯(G3・3歳オープン・芝2000m)で1番人気、C.ルメール騎乗、グラティアス(牡3・美浦・加藤征弘)が快勝した。2.1/2馬身差の2着に2番人気のタイムトゥヘヴン(牡3・美浦・戸田博文)、3着にテンバガー(牡3・栗東・藤岡健一)が入った。勝ちタイムは2:03.1(良)。

 3番人気で石橋脩騎乗、タイソウ(牡3・栗東・西園正都)は、6着敗退。

【日経新春杯】団野「厩舎サイドが上手に仕上げてくださった」人馬共に重賞初制覇

ハーツクライ産駒

 1番人気に支持されたルメール騎乗、グラティアスがデビュー2連勝で重賞初制覇を飾った。前半は63秒台のゆったりとしたスローに。先行集団の一角で折り合いよく流れに乗ると、勝負どころでは最内を選択。直線ではあっさりと後続を突き放して見事に抜け出した。

グラティアス 2戦2勝
(牡3・美浦・加藤征弘)
父:ハーツクライ
母:マラコスタムブラダ
母父:Lizard Island
馬主:スリーエイチレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 グラティアス
2着 タイムトゥヘヴン
3着 テンバガー
4着 ヴァイスメテオール
5着 プラチナトレジャー
6着 タイソウ
7着 エイカイファントム
8着 アクセス
9着 タケルジャック
10着 ラカン
11着 ブラックロータス
12着 ディクテイター