【フェアリーS】ルメール「ライバルいなかった」ファインルージュが重賞初制覇

(C)スポニチ

 11日、中山競馬場で行われたG3・フェアリーステークスは、ルメール騎乗のファインルージュが見事な差し切りを見せて快勝。出入りのある展開にも巻き込まれず、楽々差し切った。

フェアリーステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 ファインルージュ
C.ルメール騎手
「強かったですね。直線ではゴールまで伸びてくれました。すごく良い脚を使いましたし、一生懸命走りました。ゲートの中はちょっとチャカチャカしたので、スタートがちょっと出遅れて後ろの方になりました。心配したけど、ペースは結構良かったので、段々ポジションを上げることが出来ましたし、直線では良いポジションにいたので楽勝でした。ポテンシャルが高いです。今日はライバルはいなかった。次が楽しみです。今日は道中ではすごく我慢出来ました。ゴールの後あんまり疲れていないので、多分もうちょっと長い距離いけると思います。賢い馬だと思います。身体もこの冬ちょっと大きくなった。G1レースにいけると思います。G1でスタートは大事なので、次のレースでは良いスタートがほしいですね。でも前回東京競馬場ですごく良いスタートをしましたから、今日はちょっと残念でしたけど、良いスタートをすることが出来ると思います。大きなレースで良いスタートをしたら前の方で走れると思います。ファンの皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。競馬場に来れるようになったら、良かったらまた競馬場で応援してください。皆さん、気を付けてください。ありがとうございました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 11日、中山競馬場で行われた11R・フェアリーステークス(G3・3歳オープン・牝・芝1600m)で3番人気、C.ルメール騎乗、ファインルージュ(牝3・美浦・木村哲也)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にホウオウイクセル(牝3・美浦・高柳瑞樹)、3着にベッラノーヴァ(牝3・美浦・金成貴史)が入った。勝ちタイムは1:34.4(良)。

 1番人気で福永祐一騎乗、テンハッピーローズ(牝3・栗東・高柳大輔)は4着、2番人気で津村明秀騎乗、クールキャット(牝3・美浦・奥村武)は10着敗退。

【すばるS】5番人気 テイエムサウスダンが快勝

キズナ産駒

 3番人気に支持されたルメール騎乗、ファインルージュが嬉しい重賞初制覇を飾った。前半から出入りのある展開で、ややごちゃつくような場面もあったが、そんなこともどこ吹く風と言わんばかりに、ルメールとファインルージュは中団やや後方でじっくりと待機。勝負どころから外目を勢いよく上がっていくと、直線では楽々先行各馬を差し切り、後続に2馬身半差をつけての快勝。頼れるルメールの見事な手綱捌きだった。

ファインルージュ 3戦2勝
(牝3・美浦・木村哲也)
父:キズナ
母:パシオンルージュ
母父:ボストンハーバー
馬主:六井元一
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ファインルージュ
2着 ホウオウイクセル
3着 ベッラノーヴァ
4着 テンハッピーローズ
5着 ネクストストーリー
6着 タイニーロマンス
7着 ニシノエルサ
8着 アトミックフレア
9着 シャドウファックス
10着 クールキャット
11着 ラストリージョ
12着 オプティミスモ
13着 プリティインピンク
14着 グロリユーノワール
15着 カラパタール
16着 ビップエレナ