【朱竹賞】ロンギングバースが大外一気で突き抜ける

 10日、中山競馬場で行われた9R・朱竹賞(3歳1勝クラス・芝1200m)で4番人気、石橋脩騎乗、ロンギングバース(牡3・美浦・竹内正洋)が勝利した。クビ差の2着にテネラメンテ(牝3・美浦・木村哲也)、3着にキティラ(牝3・美浦・清水英克)が入った。勝ちタイムは1:09.2(良)。

 1番人気で柴田大知騎乗、マイネルジェロディ(牡3・栗東・西園正都)は9着、2番人気で戸崎圭太騎乗、ショウナンラスボス(牡3・美浦・奥村武)は8着敗退。

【新馬/中山6R】ハーツクライ産駒 タイセイドリーマーがデビューV

ラブリーデイ産駒

 4番人気に支持された石橋脩騎乗、ロンギングバースが豪快な末脚を発揮して嬉しい2勝目をマークした。レースではゆっくりとしたスタートから後方3番手の位置で直線の末脚勝負に徹すると、大外を通ってスパートを開始した。外から鋭い末脚を発揮してグングン伸びると、先行各馬を一気にかわし去って見事な差し切りを決めた。

ロンギングバース 6戦2勝
(牡3・美浦・竹内正洋)
父:ラブリーデイ
母:ロンギングシャネル
母父:ネオユニヴァース
馬主:坂本浩一
生産者:細川農場