「2020年度JRA賞」決定!年度代表馬はアーモンドアイ!

(C)Yushi Machida

 6日、JRAは「『2020年度JRA賞』受賞馬選考委員会」を開催し、記者投票の結果に基づき年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬を決定した。

【ジャパンC】ルメール「さよならパーティーでした(笑)」アーモンドアイが有終の美

【競走馬部門】
●年度代表馬・最優秀4歳以上牝馬
アーモンドアイ(牝5歳)

●年度代表馬アーモンドアイ関係者コメント
馬主:有限会社シルクレーシング 米本昌史代表取締役
「まずは名誉ある年度代表馬に選出いただいたこと、また素晴らしい馬たちが素晴らしいレースをした中で選出いただいたことを大変光栄に思います。国枝厩舎、牧場スタッフの皆様をはじめ、この馬に関わられた全ての方々に感謝申し上げます。現在は無事に引退し、繁殖牝馬としてのキャリアをスタートしておりますので、仔がデビューした時にはまた変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。」

調教師:国枝栄
「昨年はGⅠレースを3勝し、大記録も作ることができ、輝きを保ったまま最後まで頑張ってくれました。アーモンドアイには感謝しかありません。年度代表馬を受賞できたのは、オーナー、生産者、ファンの皆様の支えの賜物だと思います。」

騎手:C.ルメール
「彼女は昨年も強かったです。2歳から高いポテンシャルを見せてくれて、最後のレースまで頑張ってくれました。最後まで無事に走り切って引退してくれてよかったです。忘れられない馬です。3年間、騎乗することができて幸せでした。彼女の仔を楽しみにしています。」

●最優秀2歳牡馬
ダノンザキッド(牡2歳)

●最優秀2歳牝馬
ソダシ(牝2歳)

●最優秀3歳牡馬
コントレイル(牡3歳)

●最優秀3歳牝馬
デアリングタクト(牝3歳)

●最優秀4歳以上牡馬
フィエールマン(牡5歳)

●最優秀4歳以上牝馬
アーモンドアイ(牝5歳)

●最優秀短距離馬
グランアレグリア(牝4歳)

●最優秀ダートホース
チュウワウィザード(牡5歳)

●最優秀障害馬
メイショウダッサイ(牡7歳)

●特別賞受賞馬
クロノジェネシス(牝4歳)

【調教師・騎手部門】
●調教師部門
最多勝利調教師:矢作芳人(栗東)
最高勝率調教師:友道康夫(栗東)
最多賞金獲得調教師:矢作芳人(栗東)
優秀技術調教師:矢作芳人(栗東)

特別賞:藤沢和雄(美浦)
(受賞理由)
史上2人目となるJRA通算1,500勝という記録を達成した功績を評価したもの。

(特別賞受賞・藤沢和雄調教師のコメント)
「大変名誉ある賞をいただき、ありがとうございます。1,500勝を達成し、この賞を受賞できたのは、オーナー、生産者、厩舎スタッフの皆様のおかげであり、また馬たちが頑張ってくれたおかげだと思います。素晴らしい競馬に貢献できるように引き続き頑張りたいと思います。」

●騎手部門
JRA最多勝利騎手:C.ルメール(栗東)
JRA最高勝率騎手:川田将雅(栗東)
JRA最多賞金獲得騎手:C.ルメール(栗東)
MVJ:C.ルメール(栗東)
最優秀障害騎手:森一馬(栗東)
最多勝利新人騎手:該当者なし

※JRA発表による